2017年07月31日

熟年超人の日 stage2 54

「どうした!ヤス、殴り込みか!」奥の部屋から怒鳴り声が響く
ドアと一緒に放り出してしまった男は、戦意消失と見えたので放っておいて、皆のいる部屋に向かって進む
リビングと思しき広めの部屋には、ガラス戸があったので、それをがらりと引き開けると、いきなり金属バットが振り下ろされてきた。が、その辺りは超人グリーンマン様にはお見通しで、避けるのは簡単だったが、それじゃあ面白くないと、右肩で受け止めてみる
ごっ、と鈍い音がしたが、全然衝撃は無い

ヤスコーは共有通路にへたり込んで、束の間ぼやっとしたまま事務所の中で起きていることを眺めていたが、気を取り直して立ち上がると、さっき吹っ飛んだ金属バットを探しに、よろけながら通路を進む
通路の奥に転がっていたバットを手にすると、事務所に戻ろうとしたが、なにやら物が壊れる大きな音と、Tらしき怒声に押されて、再びその場に立ち尽くす
突然、ドアが開いたままの戸口から先輩のケンコーが吹っ飛び出して、向かい側の壁にまで転がり当る
「兄貴、大丈夫っすか!」駆け寄ってみると胸の辺りに血が滲んでいる。どうやら肋骨をやられているようだ
ケンコーは目をつぶって、あおむけに倒れていたが、やがて起き上がろうともがき出したが、突然口から血を吹き出して激しくむせた
そんなケンコーの様に、ヤスコーは動揺したのか、目をそらすように事務所内に視線をやる

肩口に一発もらった後、さっと振り返るとなんの効果もなかった打撃に驚いた顔が目の前にある
ここへ突入するにあたり、私は超人としての闘い方にひとつだけ原則を設定していた
それは、殴ったり蹴ったりは控え、ただ突き飛ばすだけにする、というものだった
そうでもしないと、人体の損傷限度がよく分かっていない現状では、誤って相手を殺してしまいかねないから
ただ、突き飛ばした先に、鋭利な物があったり、衝突速度によっては、障壁などを突き破って、高いところから転落死することもあろうかと思われるので、よくよく戦闘場所を観察しておいて、決定的な一打にならぬよう、心がけようと自戒していた

超人パワーで、対人戦闘モードに入ったことは、かの砂漠の国の戦闘員との立ち回りと、ぼったくりバーでの一戦だけだったが、後者の場合は生身としての私は、合気道的な武術の達人だという想定の下だったし、コスチュームを変えてからは、軽快超速の怪人としての闘いだったから、実質は1回のみだ
あのときは、こちらも超人慣れしていず、ぎこちなかったし、相手は銃に頼った動き(まず標的を視認し、銃を構え狙う)だった
超速の私としては、基本的に相手を掴まえては放り投げ、武器を破壊するという、余り考えなくても良い戦いに終始でき、戦闘の場がなにもない砂漠状態だったので、ぶつかった先で人体が大きく損傷する心配も無く、結果、死人が出なかったと思っている

そうしてみると、今回のように建物内に突入しての戦闘では、突き飛ばした先に危ないものがないかのチェックが必要になりそうだ
金属バットを持った男を突き飛ばす瞬間に、これらのことを頭の中で反芻し、開いたままの戸口に向けて、男を突き飛ばした
だが、勢いがあるというのは恐ろしいもので、胸の辺りをどんと突き飛ばした際、めきっと骨が鳴る音が聴こえたが、もう仕方がない。戸口目がけて吹き飛んだ男は、まるで香港映画のワイアアクションよろしく、顔はこちらを向いたまま、後ろ向きにぴゅーっと飛んで、通路に投げ出されていった
飛んで行った男のことを気に掛ける間もなく、次の凶器が身に迫って来る
こういった戦闘の場合、相手の動きはスローになっているので、その凶器がサバイバルナイフだということがわかる。真正面から受ける危険は避けて、体を捻って刃先を反らしながら左肩辺りを突き飛ばしてやる

ナイフの扱いを長いこと練習しているE田は、自信を持って繰り出したナイフの切っ先が、相手の体に届く寸前に目標が消え、宙に泳ぐ。と同時に、肩に強い衝撃があり、体が回転しながら吹き飛んで、応接セットに突っ込む
Tは、落ち着いたところを見せようと、応接椅子にどっかりと腰を落としたままだったが、ガラス戸が開き、ナイフでつっかけたE田が突き飛ばされて、自分の前のガラス張りのテーブルをぶち壊して足元に転がり込んで来るタイミングで、さっと立ち上がると目の前の緑色の巨人と相対する

「おい、お前は誰だ。P連合の鉄砲玉か、それとも、一体どこのどいつだっ!」
こんな奴が(や)の事務所に殴り込んで来るなんて、考えられない。有り得ない、とTは心の中で叫んでいた
「私はグリーンマン。Aに害を及ぼす者は許さない」低い声で巨人が喋る
「なんだとー!なんだぁ、お前、あのおっさんを、知ってるってかー」Gと、やりとりをしているTの視界の隅に、S原が、ぽん刀を振りかぶったのが映る。巨人を見据えたまま、ほんの少し右手を動かして、やれっと命じる
その銀色の一閃は、あっけなく巨人のマントにからめ捕られ、左斜め後方に突っ立ていたS原は、一瞬で跳ね飛ばされて、さっきまで休んでいた部屋の合板のドアに半身をめり込ませる

「一体、一体、お前は、なんだ!」かろうじてTが言葉を絞り出すと、緑色の巨人は落ち着いた声で
「Aの家族のことを調べようとしたことは、分かっている。お前たちの所属している階級の性向を鑑みれば、家族について情報を得ようとする目的は明白。私は、AとAの懸念する係累に害を及ぼす可能性を、初期段階で排除する」
「はぁ?なに言ってやがんだ。俺たちが、一体なにをしたって言うんだ」
「初期段階で排除する。今、告げた通りだ」巨人は重々しく宣言すると、頭部を左右に回して室内を観察している
「くっそー!」言うなり、上着の内ポケットから愛用のベレッタ92を取り出す。この業界は、ベレッタよりはやや軽い(というより安い)トカレフTT33を持つ者が多いが、安全装置が無いことの危険性を考慮して、Tは頑張ってベレッタを手に入れていた

私の透視眼に、壁に埋め込まれた隠し金庫が顕わになる
ちょっとそちらに神経が取られた瞬間、目の前の(や)幹部が体を捻って上着の内ポケットから、黒い物を取り出し、こちらに銃を向ける
「おいこら、好きにやってくれたのお。これが見えるか。ああ、ピストルが」勝ち誇ってTが拳銃を構えると同時に、一連の動きで安全装置を解除し、銃口を動かす
その無駄な動きを見逃さず、超速で銃の筒先を手で掴む(こうすると銃は発射できない…んだっけ)
posted by ミスターK at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説

2017年07月21日

熟年超人の日 stage2 53

一応、ほかの部屋の住人が飛び出してこないよう、足音を忍ばせて非常階段で3階まで下りるつもりだ
当然周囲偵察もやりつつ、6階5階4階の共有通路につながる扉を通り過ぎる際に透視して、ここの住人と出くわさないよう細心の注意を払って進む
やっと3階に至り、非常階段の鉄扉の鍵を高熱指で溶かした後、できるだけ静かに開け、共有通路に入り込むことができたが、10のドアが並んでいる
K刑事から教えてもらったS会の事務所308号室は、非常階段扉に近かったのですっとドアの前に立ち、室内を周囲偵察で探ってみる

部屋に今いるのは五人のようだ。今度はドアを透視してみると、ドアのところに一人、折りたたみ椅子に腰かけている男が一人。その先の部屋の奥は少しぼんやりしているが、リビングだったと思われる大き目の部屋の真ん中に、大きなデスクを背に、応接セットの一人掛けの椅子にふんぞり返っているのが、多分Tという男だろう
傍らに背の高い人物が一人立ち、応接セットの向かい側の椅子に一人座っている。これは、ふんぞり返っている男と話をしているようだ。もう一人、周囲偵察で反応のあった人物は別の部屋に居るのか、透視眼では見えていない
さて、どうして部屋に入ってやろうか。すんなり開けてくれるなら、それが良いのだが…

ドアのそばに居るヤスコーと呼ばれているチンピラは、まだ19になったばかりだった。隣県のG県の田舎の高校を1年生になったばかりの5月に退学して、親のところに居ても文句ばかり言われるのが嫌で、家のお金をくすねてN市にやってきて、ゲーセンで遊んでいるところをS会の下っ端のケンコーに声を掛けられ、ずるずるS会に居付いてしまった少年だった
始めのころは、ケンコーの弟分のような見習い三下だったが、祭りのときなど屋台を任せられると案外客が寄るので、若頭のTの口添えで今年に入って、ちゃんとした組員になったところだ
勉強は嫌いだったが、お調子者の性格がここではシノギに向いているようで、自身もS会で段々偉くなっていければいいな、と思っていたのだが、最近街中でP連合の鉄砲玉に出くわすことがあって、少し先行きを心配するようにもなっている

組長のW木が、上部組織T組本部の懇親会にナンバー3のN山と泊りがけで出かけているので、若頭のTは、事務所の防備をいつもよりしっかりしろ、と皆に言い聞かせ、一番下っ端のヤスコー(と言っても本名にはヤスなんて文字は入っていないのだが)と、先輩のケンコー(こっちは名前)に交代で、入口扉のそばで張り番をするように命じていたのだ

突然、扉がコンコンとノックされた
少し慌てて、立ち上がると扉の上に据え付けられているカメラのモニター画像をチェックしようとしたが、画面は暗くなっている。今度はドアスコープに目を近づけるが、視界は緑色になっていて、なにも見えない
「Tさん、誰か来てるようなんですが、穴をふさがれてるみたいで、見えてないです!」少々上擦った声でそう告げる
「モニターはどうだ。見えない、だと。おいっ」向かい側に座っていたE田に、目で合図する
E田はそっと立ち上がると、Tの横に立っていたケンコーと一緒に、隣りの部屋に静かに移動して、中で寝ているS原を起こすと、ロッカーに隠してある武器を手にする
ヤスコーは、立てかけてある金属バットを手にして構え、「おい、誰だ」と一応、誰何してみる

扉の上に着いていたドアカメラは、ちょっと飛び上がってむしり取り、続いてドアにぴったり身を寄せ、中の人間が外に飛び出して来るのを待ったが、用心しているようでなかなか出て来ない
めんどうなので、ドアを力任せに引き開けようかとも思ったが、鉄製扉の破壊音が相当なものだったことを思い出し、北風より太陽かな、と思い直した
そのとき、先ほどからドアスコープに顔を近づけていた男が、金属バットを手にしたのが見えたので、これは出て来るな、とほくそ笑む私(なんだか性格が悪くなったようだ)
その気配を察したか、奥の方から「ヤス、開けるな!」と声がかかってドアそばの男の動きが止まる
これでは埒が明かない、と見て私は通路の奥に素早く移動して、スーツをミラー仕様に変える

しばらく静止していると、ドアに動きがある。正対していないので透視ができていないが、どうやらドアスコープを覗いて、通路に誰もいないと判断したようだ。ゆっくりドアが内側から開き始めた。その瞬間、猛スピードでドア前に移動するや否や、ドアを一気に引き開けた
幸いドアは引きちぎらずに済んだが、内側でドアノブを掴んでいた若い男が通路にすっ転んで、驚いた表情で固まってこちらを凝視している
posted by ミスターK at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説

2017年07月11日

熟年超人の日 stage2 52

そう決まると、なんだかウキウキしている自分が居ることに気付いた
どうも超人になってから、体調も気分も若返っているようで、今夜のS会事務所への押しかけ訪問が、こんなに心浮き立つものになるなんて、我ながらびっくりである
一応作戦は立てないといけないかな、と思ったが、結局出たとこ勝負でいくことにした
とにかく、相手に死人を出したらマズイことだけは肝に銘じておくこと。それだけだ

意識すると時の歩みがのろくなるのは、超人とても同じ。ふと思いついたので、Gマップでアパートのある町内をノートパソコンの画面に出して、それを目で追いながら周囲偵察を試みてみる
最初は、脳内に浮かぶ周囲偵察状況と、画面のリンクが難しかったが、やがて慣れて来るとそれがすこぶる便利なものだと分かる
これまで漠然とあっち側、こっち側と認識していた“動くもの”の位置がはっきり掴め、お馴染みの公安さんの車や、向かいの住宅、アパートの前の通りを過ぎていく車の動きが、全て同一画面で見える(ちなみに今まではレーダーのような見え方だった)
ここの出て行き方だが、今回はドアからでなく窓から出て行くようにしよう(窓のすぐ下は小さな梨畑になっていて、その向こうの民家の住民の目は要注意だが、透明スーツでなんとかできるだろう)

ことのついでにN市駅西地区をGマップで見てみる。K刑事の教えてくれたマンションの位置も確認できる
これで準備万端、後はテレビでも観ていようか、とリモコンを操作すると、ちょうど夕方ニュースが始まったところだ。K刑事の言っていた人物も妻のことを調べ終えた頃だろう
それにしても、まだ時間がある。別に待ち合わせている訳でもないのだから、少し早目に出ても良いはずだが、なにせ外が明るい。今の時期の日の入りは6時半くらいだろう。出かけるなら、その頃がいい
外で張り込んでいる連中には心配かけないよう、ドア側の照明は点けておこう
それにしても、超人としての出動が、こんなに不便だとどうしようもない。T電から金が振り込まれたら、どこかもう少し周囲に人目がない住居を借りたいものだ
その場所はどこがいいだろう。妻の意見も聞かないといけないな。息子たち家族も守るとなると、A温泉の近くの別荘なんてのも良いなぁ…などと空想を膨らませているうちに、6時を過ぎた

そろそろだな、と梨畑側の窓のカーテンを少し開いて、梨畑とその向こうの民家を超人眼で偵察する
中学生くらいの男の子が居間にいて、テレビゲームをしている(音も聞こえる)。その隣の家は留守らしく、カーテンが引かれている。さらにその隣の家は、主婦が夕食の支度をしているような動きが垣間見える
これなら大丈夫と、スーパーマンスーツを装着し、窓を開けて外に浮き、ちゃんと窓を閉めてから一気に上空目指して飛び立つ(スーツは見えない状態です、もちろん)
上空に周囲偵察を展開し、高度3000mまで5秒で達してから再び高度500m迄ゆっくり降下、スーツは通常の緑色に戻して(張込み班よ気付け!)、N市方面を目指して飛び去るという芸の細かい(AとGは別人という示唆です)出撃風景とあいなりました

まず最初は、N駅を目指して高度5000mを飛ぶ。正面に沈む太陽が大分赤くなっている
JR東海道線沿いに飛べばよいので、この飛行は楽なものだが、官民合わせて飛行場が幾つかあるので、航空機とニアミスしないよう、そこだけは注意して飛ぶ
そして、灯りの瞬き始めたN市中心部が前方に現れ、私は速度を300qくらいにまで落として、S会事務所が入っている6階建てマンションを上空から発見、例によって屋上が無人なのを確認した後、そっと着陸する
その後は簡単で、屋上に必ずあるメンテナンス用出口を見つけ、施錠をものともせず鉄扉を引き開け、屋内に侵入する
確か、K刑事が教えてくれたS会事務所のある階は、3階だったな
posted by ミスターK at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説

2017年07月07日

熟年超人の日 stage2 51

少しゆっくりし過ぎたので、アパートに戻ると案の定、公安の一番若くて偉い人が待っていた
「警視庁公安のD田です。どちらにおでかけだったんですか」キャリアらしく、ずばっと訊いてくる
「いやぁ、ちょっと知人に会ってまして」こちらも別にやましくはないので、さらっと答える
「お知り合いとは、どんな?」私の目を正視している瞳が光度を増す
「県警の方ですよ。怪しい人じゃありませんよ」名前を訊いてきたら、教えようと心づもり
「そうですか。で、どんなお話をされたんですか」県警の誰か、とは言わずに何を話したのかと訊いてきた
「いやぁ、なんでも(や)が女房を狙ってるみたいだから、気を付けろと。そんなお話しでした」

「(や)と言うと、S会?そうなんですね。わかりました。我々も警戒します」なにか、文句を言われるのかと思っていたが、すんなりそう言われると、こいつも意外に良い奴なのか、と心が緩む
「いやぁ、私もグリーンマンさんから(や)さんに注意してもらうよう、頼もうかと思ってるんですよ」
「それは(や)の所に、Gが乗り込む、ということですか」目が鋭く光る
「ええ、まあ、そういうことになるかも知れませんが…」まずかったかな、この受答えは
「そうですか、そういうことでしたら、なるべく穏やかな交渉になるよう、ご注意頂きたい」静かな声でそれだけ言うと、くるりと踵を返して去っていく。こちらは拍子抜けだ

しかし、それだけで済む筈もなく、張込み中の車に戻るとすぐ、D田はスマホを取り出しコールする
「D田です。マルタイはGに連絡を取って(や)組織を牽制する積りのようです。Gの行動パターンの解析に重要な事象サンプルが得られると思いますので、N市の(暴)S会事務所の監視をお願いします。はい、行動記録班も貼り付けておけるよう、手配をお願いします」…というやり取りが、部屋に戻った私の超人耳に筒抜けなのは言うまでもない
これでは、Gになって出張ったときにいろいろ制限がつくなぁと、少々気重になる
公安さんに邪魔されないようにするなら、即行動だが、あくまで私とGの関係は依頼者と請負者の関係にしておきたいので、S会にGとして殴り込んだ(ちょっと過激か?)として、皆殺しにはできない(ここは注意!世間が許容できる範囲の暴れ方が肝心)のだから、後々回復したS会幹部が、情報漏れの犯人捜しをした際、納得できる設定をしておきたい、と頭がくるくる回転する
そして、そうだこれでいこう、というプランが閃いた

早速K刑事に電話して、S会の件の情報源の人物に、妻についての調査を大至急始めるよう連絡してもらう(その家族調査の動きをGのネット網が検知して動いたことにしよう!)
その際、K刑事からS会の動きを聞いたことを公安に話したこと、グリーンマンさんに乗り込んでもらうよう頼むという話をしたことも伝えておこう(仮にその会話が盗聴されてたって、問題ないだろう)
ならば、善は急げとK刑事に電話回線を繋ぐ
情報源を守るという私の提案は、好意的に理解されたが、公安に話してしまったことについては、相当動揺したようだったが、最後はしょうがないな、と了解してくれた
…となると、グリーンマンとしてS会に乗り込むのは、今夜ということになる

あまり遅くては、いくら(や)と言っても、見張り番が残っているくらいで、事務所を急襲しても成果がないだろう。かと言って、明るいうちに行動するのもまずかろう
せっかく超人になっても、私の性格が差し障ってどうもスムーズに動けないなぁ、とややネガティブになっていると、K刑事から連絡が入り、情報源の人物にこちらの意向が伝わり、今頃K市役所に向かっているだろうから、5時までに住民基本台帳の閲覧を請求しているはずだ、ということだった
それなら、押しかけるのは6時過ぎ頃とするか
posted by ミスターK at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説

2017年07月04日

熟年超人の日 stage2 50

電話の声は、あのK刑事だった
「もしもし、県警四課のKです。Aさんですね。ちょっとお耳に入れたいことがあるんで。電話ではちょっと分かりにくいんで、1時間後に例のマンガ喫茶で会えませんか?」
「はい、分かりました。あの喫茶店ですね。了解です」なんだろうと思いながらも、先日会って話をしてみて、嫌なタイプの人間ではないと思っていたので、軽い調子で返事をした
これで、会いに出かけると、またあの公安の人たちもついて来るんだろうな。いや、それではKさんが困るだろうから、こっそり行くべきか

いい機会だから、例のスーツの隠密性を試してみたい気もしたが、まだ陽もある時間帯なので、あのスーツを試すにはちょっと危険だろうな
だったらどうする?いっそ、堂々と出かけてみるか。そうだそうしよう
別にKさんが困ると言っても、どうにかなる訳でもないだろう。面倒臭いこともあるし、そう決めた
ドアを開け、外に出るとき向かいの住宅に向かって、ちょっと手を振ってみる
レンズを覗いている男が、明らかにぎょっとして凍り付くのが見える(してみると、昨日の三人組との連携はそんなによくないのかも知れない。いや、あそこで見張ってることは言ってなかった。まずかったか)
透視だけでなく、望遠機能にも優れている超人眼は、あのカメラにも負けていないのだ

すたすた歩いていくと、路上駐車していた黒い車がゆっくり後をついてくる
別に構わないが、傍から見ると変だろうから、さっと横道に入る
バタンと音がしたから、誰か慌てて降りたんだろうが、構わずやや早目に歩いて、コンビニの裏手に出る
そのまま素通りして、駅方面にある例のネットカフェに直進する
店内に入り、ブースを案内してもらって席に落ち着いた頃、ドアが開く音がして誰か入って来た
Kさんか、公安さんか、どっちだろうと思う間もなく、店員に案内されてK刑事がブースに入って来た
「お待たせしました」軽く微笑んでいるので、こちらも愛想よく笑う
「公安の人ももうすぐ来ますよ、きっと」軽い気持ちでそう言うと、Kの表情が真顔になる
「そうですか、なら手短かにお伝えしときます。Aさんのことを、例のぼったくりバーの実質経営者の(や)のS会が狙ってるって、この前お話ししましたが、どうやらAさんにハムの連中がくっついてるんで、奥さんに的を変えたようです」

ええっ!っと、私が驚くと、重ねてKが告げる
「こっちとしては、Aさんがグリーンマンに頼んで北の方を片付けてもらう作戦に、支障が起きないようにしたいんで、極力S会を抑えますが、タイミングが悪いと、奥さんを人質に捕られたりしたら厄介なので、直接お耳にお入れする訳です」
「それはどうも、ありがとうございました。わかりました。普通にやってると、どんなことになるかも知れないんで、私の方もGに頼んで、そのS会とやらを排除してもらいます」つい、超人としてこんな分かり易い悪だったら、ちょちょいのちょいと片付けられそうな気がして、気楽にそう告げると、K刑事は愕然とした表情になっている
「排除、ってAさん、どうされるお積りなんですか」
「あ、いや、GからそのS会さんに、ちょっときつめの警告をしてもらおうと思っただけですよ」
「大丈夫ですか、その、S会をスーパーマンみたいにぶち壊してしまうとか、そんなことはないんですよね」

そう言われても、事の成り行きによってはちょっと暴れてみようかな、と思ってもいたので言葉に窮してしまう私だった
「まあ、できるだけ穏やかに、警告してもらうよう、注意して依頼しますので、S会の場所を教えてもらえませんか」そう告げると、Kはもう用意してきたとみえて、折りたたんだメモを私に手渡す
そのとき、店内に二人の男が飛び込んで来た
係員を掴まえて、どうやら私らしい人物が入って来たか確かめている
当然、このブースに案内して来るものと思って身構えたが、どうもそんな人物はいません、みたいな返事をしていて、Kの顔を見ると割と落ち着いている。なるほど、この店のスタッフがちょっと親近感を示していた訳がわかった

「とにかく、大事にならないよう気を付けてGに頼みますんで…」声を潜めて、そう言うと
「わかりました。そのあたり、できるだけフォローしますが、なるべく抑えてお願いします」と更に小声でKが片手で拝む仕草で答え、公安の二人が出て行ったのを確認して、私のいるブースを出て、ここの店長らしき人物にうなづいて、別のブースに滑り込んで姿を消す
私の方も、すぐ店外に出ればあの二人に出くわしそうなので、今しばらくマンガなど見ながら、この先の作戦を練ることにする
Kがくれたメモ用紙には、S会の入っているマンションの住所と部屋番号と共に、通常3〜6名ほどがいるであろうこと、恐らく武器もそれなりに用意されているであろうと記されている
まあ、どうせ以前やりあったゲリラ連中に比べれば、可愛いもんだろう
posted by ミスターK at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説