2019年02月12日

熟年超人の日 stage4 04

ジムの中にいる、全員の眼つきが変わった。それまでの少し私を下に見ていたような視線が、食い付くような肉食動物の目になっている
「スパーリングは、ジムの会員で、一定レベルに達していると認定されてからやれるんだ。だから、まず入会手続きをしてもらわないと…」無理に自らに言い聞かせるように、インストラクターのO木が声を絞り出す
「ですから、ここがその入会に見合っているのか、そこを確かめさせて…」言いかけている最中に、スパーリングをしていた二人の、背の高い方がリングの上から大声を出した
「O木イントラ、俺その人のお相手しますよ!そこのAさんっていう人、スパーリングするなら、最低限ルール知っててもらわんといかんけど、大丈夫なんだよねぇ、その辺りはー」

「ああ、大丈夫ですよ。キックボクシングのルールは詳しくは知らないけど、相手に殴らせずにこちらのパンチやキックを入れられればいいんですよね」随分偉そうな物言いになったけど、こうでもしないと初対面でスパーリングなんてさせてもらえないだろうと、せいぜい演技する
「いいのか、T沢、来週試合あるんだろ」そう言いながら、O木氏はT沢という選手を止める気はないようだ
「じゃあ、上がって」相手をしていたスパーリングパートナーをリングから下りるよう促しながら、私をリング上に招き入れる
「どうもすみません、お相手よろしく。この格好で大丈夫ですか」O木氏に確認する(手には、さっきはめてもらった12オンスの練習用グローブ、足元はキックボクシングなので裸足だ)

「ええ、いいと思いますよ。さっきのお宅のパンチが打てるなら問題ないよ」ということなので、私はリングに上がった
O木インストラクターが、レフリーを務めてくれるようで、練習スパー用のヘッドギアもくれたが、とっても汗臭くて、着ける気にならない
「これ要らないんで」と言って断ると、相手のT沢選手もヘッドギアを外して、リングの下にいる後輩らしき人物に放り投げた。一気に雰囲気が険悪になった
O木氏が試合の注意をいくつかすると、ゴングが鳴り、はいっと私とT沢選手を試合わせる

T沢選手は、オーソドックスにグローブで顔をガードしながら、前かがみに私に迫って来る
一方、私と言えば、格闘技マンガからヒントを得たノーガードスタイルで、リング中央に突っ立っている
シュッと右足が私の左足を狙って蹴り出され、ほとんど同時に左ジャブが私の顔面に3発繰り出される
なかなかのスピードと迫力だが、超人の私にはさほどのスピードには見えなかったが、その攻撃をどう捌くかが難しい
いっそここは、老人の屋敷でB東さんに対したときのように、その足と手を払いのけようか、とも思ったが、それではわざわざキックボクシングジムに来た甲斐がない。そんなこんなで、ちょっと迷いながらの応戦になってしまった
それが良くなかった。一撃必殺の空手系のB東とは違い、キックボクシングは手数足数が多くて、どんどんくるから避けるのに手一杯になってしまい、試合の流れをリードできない。一、二発もらってみるのもアリかとも思ったが、なんとなく踏ん切りがつかない。そんなことを考えながら捌いているうちに、流した左足キックの後から、くるりと廻った相手の裏拳が飛んできて、右側頭部に被弾した

そのとき私の超人力が全開になり、この打撃を受け止めるべきか、受け流すべきかを判断する余裕が生まれて、一般人が観戦している中で、普通なら吹っ飛ぶほどの打撃を平然と跳ね返すのは不自然なので、受け流す方を選択、裏拳がヒットする寸前に頭を逃がして、後ろに重心を移動、結果、私は裏拳で後ろに大きく跳ばされた形になった
その手応えの無さは、相手のT沢選手だけが分かるが、周りで見ている者たちには分からなかっただろう
とにかく、これは良い経験になった。一定のルールに則って闘うスポーツ格闘技に、まともに付き合うには、ちゃんとした練習をしておくべきだが、その必要はない(競技を極めたい訳ではないので)
そもそも今回のチャレンジも、P連合をつぶしにかかる際に、暴力系の連中と渡り合うのに、うっかり相手を死なせないような手加減を覚えるために、というのがテーマだったのだから

ということで、ちょうど2分のゴングが鳴ったのでコーナーで小休止、相手のT沢選手を観察すると、いわゆる攻め疲れ状態で、呼吸が荒く、心拍数も相当上がっている
特に聴力感度を上げなくても、コーチ役の後輩が「最後のバックハンドブローは効いてますよ」と言っているのも、それに対して「いや、スウェーされてる」と返事を返しているのも聴こえてしまう
昔、格闘技マンガを読んでいた頃、こうした道場破りみたいなものに憧れていたが、そもそも超人と、鍛えているとは言え普通の人間との闘いなんてフェアじゃない、そう思うともうここはさっさと終わらせてしまうのが得策だと思った
次のラウンドが始まってすぐ、今度はこちらからささっと動いて、相手の顎先を狙って(ここに衝撃を加えると、脳が激しく振動して脳震盪を起こす、とマンガにあった)素早く右フックを放つと、的確にヒットし、相手は一瞬なにがあったんだ、と目を剥いてそのまますとんと後ろに倒れてしまった

その後、インストラクターのO木氏が懇願するのを何度もお断りして、ジムを後にした私は、真正面から真剣に闘おうとしていたT沢選手に申し訳なく、かなり気持ちが落ち込んでいた
posted by ミスターK at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説

2019年02月08日

熟年超人の日 stage4 03

そうそう、こんな雰囲気だよな格闘マンガの出だしは…などと思い出し、ふっと口元が緩んだ
それが火を点けたのか、先輩格の男が私をじっくり眺めると「じゃぁ試したろか」と言う
若い方の男が先輩を見て「用意しますか」と答えた。リングの二人もサンドバッグとパンチングボールもこちらを興味津々で見ている
「お宅、なにか格闘技やってるの?」
「まあ、グレーシー柔術を少々」以前見た格闘技マンガの知識から答える
「ほぉ、そりゃ素人じゃないってことだ」眼つきが少し険しくなるが、私の外観からの印象がまだ作用している

「リングの上の方と、スパーリングできるんですか」すっとぼけてみる
「いやいや、そんなこと急には出来ないよ。まあ、やってみたいんなら、あそこのサンドバッグを叩くか蹴るかしてみてくれや」大分態度が横柄だが、怒らせたのがこっちだから文句は言えない
「じゃあ、この格好でいいんでしょうか」ちなみにその日の私は、秋らしさが増したその日の季節感を反映して、ダークグリーンのコーヂュロイパンツに、イエローオーカーの薄手のセーター、こげ茶のツイードジャケット(実のところ気温は全然気にならないので、服なんてどうでも良いのだが、大都会のN市に合せてちょっとお洒落したのだ)といういでたち
そして手にしたダッフルバッグに、着慣れた紺のジャージの上下が入っている

「その格好で?」先輩のあきれたような顔
「いやいや、持ってますよ、ほら、これに着替えますから」
「なら、さっさと着替えて。それと、これでお宅のレベルに納得いったら入会手続きの説明があるから」おいおい、まだ入会するなんて言ってないんだが、まあいいか、とその時の私は自分の超人力の調節を、どう乗りこなすかに気がいっていた
若い方がロッカールームを教えてくれたので、そこでジャージに着替え、皆のいるトレーニングルームに戻る
「自分は、インストラクターのO木です。お宅さんは?」客になるかも、と気付いたのかやや丁寧な応対になった
「Aです。Aと申します」簡潔に答える

「じゃあ、そっちのぶら下がってるサンドバッグを、Aさんが思うように叩くか蹴るかしてみて」そう言うと、若い方が持って来たクリップボードに鉛筆でなにやら書き込む
サンドバッグは、天井のレールから5本、太い鎖で吊り下げられていて、黒い表皮は革なのかビニールなのか、とにかくずっしりぶら下がっている
一応、後で古武道をやっていた、という種明かしをしたいので、サンドバッグを前にして、ちょっと腰を落とした格好で、それらしく構えてみる
それを見ても、インストラクターのO木氏は特に関心を示さず、じっと見ている(格闘技好きの中年のおっさんに見えているのだろう)

すっと息を吸って詰め、腰をきれいに回しながら右足で、かなり思い切り(超人力60%解放で)サンドバッグを蹴った。バシッと破裂音が響いて、サンドバッグが大きく揺れた
見ていたジムの全員が息を飲んだのが判った
続いて、左足で同じようにサンドバッグを蹴ると、前の衝撃と揺れるタイミングが合って、さらに振幅が増す
「ちょっ、…すみません、貴方、経験者ですね。キックじゃないと思うけど」思いがけないものを見て、O木氏が思わず、といった風で弾んだ声を出した
「古武道を少々学びました」そう、こういう応答を、してみたかったのだ
「今度は、リズミカルにやってもらえますか」古武道、には、さして関心を示さず、O木氏が真顔で言う

「フットワークをからめて、ということですね」こちらも一応調べてはきたので、そう答えてステップを踏みながら、サンドバッグに立ち向かう
動きながらとなると、ちゃんと練習してないのが分かってしまいそうなので、スピードも超人力開放度60%くらいで動きながら(残念ながらリズミカルにはできないが)、シュパッ、シュパッという感じで、左右のキックをサンドバッグに浴びせる
ピシッピシッという音が響いて、サンドバッグの表皮が弾けるように打撃が加えられているのが、その場にいた者の目にも見える。そして、動いている私のスピードが並大抵のものでないのが、誰にも判ったようだ

「すごいなぁ、お宅さん。こりゃ、こっちのレベルが知りたい、って言うの分かるわぁ」O木氏が心底驚いたという表情で声を出した
「スパーリングって、今やれるんですか?」誘いをかけてみる
posted by ミスターK at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説

2019年02月05日

熟年超人の日 stage4 02

私の心の中の若返っている部分が、それを聞いて敏感に反応する
この国で、やっつけても問題が無さそうなのは(や)関係だろう。まして、外国人のギャング組織なら、後でどうだこうだと言う連中なんてのは、ほぼ皆無だろう
ちょっと世間様を気にし過ぎな超人だなと思うが、ま、仕方ないだろ。なんってったって、妻子がいる間は、いろいろ気にかけてやらなくっちゃぁいけない
任期は100年だとか言っていたから、妻があの世に逝ったらどこかに姿を隠して、息子と娘が亡くなったら、もっと遠くに行って、本当になにかあったとき以外は、全く自由に活動できるだろう。そう50年くらいかな
(そう考えを進めていると、不意に寂寞感が私を包み込む)

それでも、ジュブブに心配(?)されるほど仕事をしていない私は、K刑事からP連合について情報を聞き出した(Kは「俺の仕事をあんまり増やさないでくれよ」と言いながら、N市の隣りの市にある彼らのヤサを教えてくれた)。察するに、KとしてはP連合にS会事務所と同じ運命を辿らしたい、と思っているようだ
それで、P連合のアジトを片付けに行く気になったのだが、私としては影スーツや、素の私で暴れる際には、もう少し格闘技を習っておくべきではないか、と考えた
かの老人邸で、武術を極めた者が超人に対しても侮れない力量を示したことが、心に引っかかっていたからだ
それに、相手が素人だったり、血気盛んな乱暴者だったりしたときこそ、格闘技の技が活きるのではないかと考えていたからだ

早速PCの蓋を開けて『N市 格闘技ジム』でググってみる
いろいろあるが、ここは“総合格闘技”を謳っている道場と決めた。なんだかわくわくしてくる自分がいる
ところが、行ってみるとブラジリアン柔術という関節技主体(キックボクシングもあったが)の健康的なジムで、格闘技マンガに出てくる凄味のある門下生や師範と言うより、あくまで明るい接客だったので、道場破りなんて出来ないとあきらめた
続いてもうひとつの候補[SDキックボクシングジム]を訪ねると、こちらはビシビシいけそうな雰囲気で、若くて強そうな(以前だったら目を合わせたくないような)のが5〜6人、激しく体を動かしている

そこで、普通に「ごめんください」と声を掛けたのだが、ちらっと私を見て、なんだ中年(最近は40代くらいに見えるようだ)のおっさんか、といった感じで、木で鼻をくくったような返事が返ってきた
「今、コーチ居ないし、ウチはエクササイズ系じゃないから」
「すみません、入門するかどうか、この事務のレベルを知りたくて伺ったんで…」ちょっと刺激してみる(新規訪問の会社でよく使った手だ)
「はぁ?なに言ってるの。お宅さん、言ってる意味分かって言ってるの」俄然ピリピリムードが、その若い男から発散され始めた

「いや、だからこちらさんのレベルがどれくらいか、試させてもらってですね…」
「あんたぁ、いくら格闘技マニアさんかも知らんけど、そんな口きいてると、思いっきし痛い目みるよぉ」随分怒り易い奴だ
「あなたは、こういった場合、レベル見せてくれられるレベルなの?」すっとぼけて、もっと煽ってみる
「おいおい、なに揉めてんだよ」目の前の若いのより年上(30手前?)の男が、こちらに歩み寄ってくる。リングの上でスパーリングしていた二人も、動きを止めてこちらを見ているし、サンドバッグを蹴っていたのと、パンチングボールらしきものを、叩いていたのも手を止めている

posted by ミスターK at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説