2018年06月19日

熟年超人の日 stage3 46

時計が6時55分になったとき、襖の向こうに人の気配がして「お目覚めですか?」と涼やかな声がする
「はい」と返事をすると、昨夜の食堂で御館様が朝食をご一緒に、と申しておりますのでと、声が答える
「着替えましたら、伺います」と返事をすると、ご朝食は和風でよろしかったでしょうか?と言う声に「ええ、それでお願いします」と答えておいて、ささっと部屋の外を透視する。調理場と思しき一角で作業をしている昨夜の料理人と、廊下を遠ざかっていくいかにも秘書然とした女性、食堂の入口に立っているT堂氏らしき人影、食堂に座っている小柄な人影(恐らく御館様)、その横に立つ背の高い人物…で、全員のようだ
昨夜2時過ぎに到着したGスーツの自動タイプは、屋敷近くの森の中で一番高い、大きな杉の木の梢にグリーンマン形態のままスタンバイしてある

ところで、用意されていた肌触りの良い、いかにも高価そうなパジャマから、ここに連れて来られた時のままの、自前の服(スポーツシャツ、チノパン、吊るしの春物ブレザー)に着替えて姿見に映すと、若干の気後れが否めない
自身、あまり服装や住まいに頓着しない性格だと思っていたが、所詮、そんなに気になるような場所に出る必要がなかっただけで、こういう趣味の統一に金のかかった世界に放り込まれると、居心地が悪く、ややもすると心に卑屈の影が差すのだと、気付かされる
そんなネガティブ気分を振り払って、食堂に向かう。「おはようございます」と声をかけて、入口に立っているT堂氏に軽く頭を下げながら食堂に入る
長方形の大きな食卓の一番奥に、この家の主である老人が座っていて、傍らに背の高い若い男が立っている。T堂氏に勧められるがままに、入口側の席に着く。私の席の隣りは、あの若い女性だ

「どうかね、よく眠れたかね」少しかすれた声で、老人が私に訊ねる
「はい、良く眠れました。ありがとうございます」相当強引に連れて来られたことは気にしていない、という風に努めて明るい声で返答する。そこに、昨夜の料理人がサービスワゴンを押して入って来る。T堂氏と二人で、席に着いている私たちに朝食をセッティングする
老人には白磁の器に入った粥のようなものと、果物(いちじく?)を、秘書スタイルの若い女性(N絵さんだったか)には、スープとこんがり焼けたトーストとジャムとバター、野菜サラダ、私には鯵の開きを炙ったもの、山葵添えのかまぼこ、みそ汁、ご飯が用意される
「さあ、頂こうか。あんたもどうぞ」老人が声を掛けて、朝食が始まる

「すばらしいお住まいですねぇ」なにか言った方が良いかと、私から切り出す(ちょっと遜り過ぎかな)
「...」老人は無言でれんげを使って粥を食べている
「御館様は、お食事後にA様と時間を過ごされたいと申しておりますので、よろしくお願いします」N絵が代わりに話しかけてくる
「あ、はい、分かりました」そうか、この老人は食事中には喋りたくない、という訳か
お代わりを勧めてきた料理人に、もう充分頂きました、と辞して食事を終える(老人はお茶をN絵はコーヒーを飲んでいる)
「どうぞ、ごゆっくり」と言って老人が席を立つ。背の高い若い男と、N絵が両側にそっと付いて食堂を出て行く。私は、それから少し遅れて、T堂氏が淹れてくれたお茶をゆっくり頂き、T堂氏と料理人の二人に労いの言葉をかけることで、この先の予定が無いことを確認した後、一旦部屋に戻ることにする

朝の陽光が射す廊下を歩きながら、右側のガラス窓から見える日本庭園に改めて目をやる
昨夜は暗闇を超人眼でチェックはしていたが、この緑鮮やかな初夏の庭園の調和の取れた美しさは、やっぱり日本人の心に響くなぁ、と感心。布団が片付けられた部屋に戻り、高級日本旅館に似た室内を、改めて見廻すと必ずあるはずのテレビがないことに気付く
さあ、これからどうなる。Gに逢いたいと言っていたので、わざわざ呼び寄せておいたが、そのことには触れていなかった。一緒の時間を過ごしたい、って言っていたけど…。
もう帰っていいよ、と言われたら、どうやって帰ろうか。まさか、歩いて帰れとは言われないだろうが(そう言われたって困らないけど)、ここまで気を持たせてくれたんだから、手ぶらはないだろ、などと座布団に胡坐をかいて考えていると、廊下を近づいて来る人の気配がする。やれやれ、どうやらお呼びがかかったかな…
posted by ミスターK at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183549222

この記事へのトラックバック