2018年09月09日

熟年超人の日 stage3 56

『私の方と言えば、NRC(原子力規制委員会)の調査員という触れ込みで、F原発の関係者から事情聴取していただけだから、さほどの困難はなかったんだが、彼らは民間のオカルト誌の記者とライターという肩書だけで、日本警察はおろか、YAKUZAや歓楽街の怪しげな連中から、情報らしいものを刈り集めなければならなかったんだから、随分と大変だっただろう』カップに注いだコーヒーを見つめながら、静かに話し出すデスモントの口元を、ジョナサンとオーウェンは興味深く注視している

『私の調査は終わり、日本の原子力発電システムの建設から、今回の廃棄作業まで、文字通りゆりかごも墓場も作る羽目になった様々な立場の連中が見て、判断した宇宙人の話をまとめて国に報告書を送る前に、ちょうどN市から一旦戻って来た二人と、どうせならポイントだけでも情報交換しておかないか、と、こっちから持ち掛けてみたんだ。つまり、私もひっかかるところがあったんだ
もちろん、そんなことはすべきでないことは分っていたんだが、あまりにも私がまとめた報告書が現実離れをしているように思えたんで、論調を確認しておきたかったんだ。この件は我が国にとって、さほど重要なことではないという論調をね』

『彼らも用心しながらではあるが、同じような気分になっていたんだろう。じゃあ、ちょっとだけ情報交換しようか、ということになって、大使館から大分離れたSHIBUYAのIZAKAYAに行ったんだ』ここで一口コーヒーを飲む
『彼らの収集してきた話しは驚くべきもので、かけ離れた存在に思えていた宇宙人が、日本人の特定の人物を守るような行動を取っていたという事実。さらに原発への介入も、その日本人の指示あるいは依頼で動いていたということだったんだ。つまり、宇宙人と言いながらも、著しくこの国寄りな行動をするスーパーマンってとこなんじゃないのか、という疑惑に満ちていた、というのが彼らの印象だった』ジョナサンとオーウェンは、思わず顔を見合わせる

『詳しいことまでは打ち明けてくれなかったが、大体そういうことで、今度は私が彼らにネタを披露する番だ。まず、1万トンもある鉄製のフロートタンクを持って、空を飛び回ったことについて、日本人技術者たちは魅了され、そう文字通り魅了されたってこと。その宇宙人が話の分かっている奴で、そうどこか大手代理店の企画売込みみたいだったってこと。それから、物を大事に取扱い、周りの、つまりあの日原発作業所にいたみんなのことを気遣い、クレーンカーなども大切に移動させ、放射能まみれの破損した原子炉の中に入って、なにも壊さず、デブリを取り出してくれたことに、日本人を感じるって思った奴が何人も居たってことを話してやったら、顔色変えて、もう一度N市に行って来るって言って、また情報収集に戻って行ったんだ。それで私も、報告書の見直しと追記が必要になったて訳さ』そう言うことかと、大使館員と資源担当オフィサーはうなづき合い、それから週末に行くゴルフ場の話題に興味を転じた

*
*
[ 作戦本部東アジア部エージェント1208 トーマス・グラース 04ランクレポート ]同行者:情報本部東アジア分析部/ラトゥーヤ・コーカー

主題:同盟国日本に出現したグリーンマン(以下G)と呼称される地球外生命体、及び、Gと連携した場合の日本が包括する“我が国への脅威”の考察

20160421(Japan Time)日本入国後、大使館員のジョナサン・ハドソンと接触。以後、超常現象誌『パラノーマル・ライジング』の記者(L.C)とレグマン(T.G)のデイヴィス夫妻として調査行動開始
20160422(JT…以下略)東京よりN市に移動するためSHINKANSENに乗車した
posted by ミスターK at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184320101

この記事へのトラックバック