2018年08月28日

熟年超人の日 stage3 55

Aの妻M代は、引き落としばかりが記載された通帳を眺め、ため息をついた。夫が、それまで勤めていた会社を定年退職してから、次の就職も決まらないままもう3月が経っている
頼みの年金は、65才にならないともらえないから、どこかに再就職すると言っていたが、もう夫の年になると企画系の仕事は見つからず、と言って飲食店の手伝いや交通整理や新聞配達は体がもたないと、応募もしないし、今更タクシー免許を取りに行くのもなあ…などと言って、いっかな腰を上げようともしない
そのうち自分は超人になった、とか、F原発の問題を解決して、東京の電力会社からお金をもらえるようになったと、自慢そうに話していたが、いつになってもそんなお金が入ったという話はない

今こうして、長男のマンションの居間で、孫のT哉の寝顔を眺めながら、思い返すと二人が知り合い職場結婚した大手旅行会社を、夫が突然辞めて音楽出版会社に移った時は、結婚して2年、長男のT彦が生まれて、まだ1年もしない頃だった
これからは音楽が人生を輝かせるんだ、と言って目を輝かせていた夫は、関西で大きな地震があってしばらくした頃、その音楽出版社に突然辞表を出すと、仕事で付き合いのあった印刷会社に籍を移した
その時は、考えがあって印刷会社の仕事を覚えたいんだ、と言っていた夫だったが、事実3年もしたら、もう仕事は覚えたと言って、出資者を見つけてタウン誌を出版することになっていた
その時も、これからは身近にある情報がお金になるんだ、と興奮してわたしを説き伏せたっけ…。そのタウン誌経営の3年間は、特に休刊に至る2年目と、会社をたたむ最後の1年は大変だった

それまで、普通の中堅企業のサラリーマンの家庭で育ったM代にとって、お金が無い、ということの意味を、思い知らされる2年間だったが、それも今となっては笑い話になりそうなエピソードが散りばめられた思い出でもあった
いつも安定している状態が続くと、思いつきの実践に向かう夫の性癖に、悩まされはしたが、根が明るい自分であり夫であり、素直に育ってくれた二人の子どもに恵まれたこともあって、最近はこのまま夫婦で年を重ねられそうな気がしていたのだが、どうやらまた波乱の展開になりそうな予感がするM代だった

その時ぐずり始めたT哉の、オムツを取りに立ち上がったM代は、生来のポジティブさで、今度こそ夫がうまくやってくれるだろうと思い込むことにして、保育園待機中の孫の世話に神経を集中させた

同じ頃、T哉の母親であり、息子T彦の嫁のK子は、大都市のY市に洒落たオフィスを構えているIT企業で、顧客からの質問に答えるという役割を果たしていたし、息子のT彦はこの海に囲まれた方のY市にある、N電子の研究所の会議室で、部下の研究成果発表のサポート役を務めていた

[ 5月10日pm2:20 A国大使館7階談話室 ]
『で、どうなんだ、本国(アチラ)の様子は?』コーヒーの最後の一口をゆっくり空けながら、ジョナサン・ハドソンが訊く
『共和党の候補があの男に決まったようだから、現大統領や民主党の重鎮たちは、これで彼女に一本化できれば、もう勝ったようなものだと言っているらしい』エネルギー省から資源担当オフィサーとして着任したばかりのオーウェン・コンレーが、コーヒーカップの中を見つめながら答える
現大統領と同じ民主党の有力大統領候補、初の女性大統領が誕生すれば、政府の陣容にさほど変化はないはずで、なんとなく様子見的になっている日本政府の原発廃炉対策については、大筋容認の動きになるだろうと二人とも読んでいる

『おっ、なにを話し込んでいるのかな、お二人さん』陽気な声を掛けてきたのは、デスモンド・ブライト調査官だった
『いやぁ〜、なんとなくこのところの本国の有り様をだね、俺たちで評価していたんだよ』ブライトとは顔なじみのジョナサンが、軽口を叩く
『本国の有り様、と言えば、あのお二人さんのレポートは、なかなかのものだったらしいよ』コーヒーサーバーからカップにコーヒーを注ぎながら、軽い口調でブライトが喋り出す
posted by ミスターK at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説

2018年08月11日

熟年超人の日 stage3 54

「おぬしなら、この日の本の命運を預けても大丈夫そうだ。きっと、宇宙人と上手くやりながら、この国を守ってくれるだろう」真顔になるとそう言い、T堂氏に軽く合図をする。はっ、と頭を下げて、T堂氏が高価そうな黒のビジネスバッグを、私の目の前に差し出す
「なんでしょうか、これは」まさか、札束が入っている?慌てて透視してみると、案の定札束だ。恐らく、2千万円くらい
「御察しの通り、軍資金だ。持って行ってくれ」と、言われても、はいそうですか、とはいかない
「いやぁ、こんな大金、持って行ってくれ、とおっしゃられてもねぇ」もらってしまったら、もうこの老人に頭が上がらなくなるに決まってる

「そうか、だが、おぬしがT電からもらう金だって、同じだろう。それに、税金で半分近く持ってかれるから、たいして残らんぞ」…そうか、税金がかかるか。そうすると1億振り込んでもらっても、実質5千万くらいしか使えない。それから先も、なにやかやと詮索されたり、恩に着せられたりもするだろうし、原発デブリを片付けてから後も、Gを使う話が持ち込まれそうな気がする
「そんな顔をするな。おぬしは、口利き屋として大きな顔をしていればいいんだ。ただ、これからおぬしを利用しようと寄ってくる輩に迷わず、日本のためになることだけを、あの宇宙人に頼むとして欲しいのだ。この金は、そんなおぬしが目先の金で動かなくて済むよう、わしからの寄付金だ。どうか受け取っておいてくれ」とは言っても、この金を受け取ればこの老人には借りが出来るが…
結局Gを別人格にして、家族を守る金を得ようとした私が、背負わなければならない宿命なのか

「私個人は、これまでお金を得るために働いてきた人間です。別にそのことを、引け目にも思っていませんし、お金で私が引き受けてしまったことでも、Gの基準に照らしたとき、出来ないと断られることがあるかも知れません。そうなったら、私は依頼主にどう対応すれば良いのでしょう」このところ、胸につかえている疑問を老人にぶつけてみた
「別にどうということはない。おぬしの役目は宇宙人に伝えればよいだけだ。気になるなら、口利き料と成功報酬を分ければ良いだけだ」…なるほど
「まさかおぬし、金をもらうことに気が咎めてはいないだろな。金は、遣い方で値打ちが決まるものだ。遣い主の値打ちもな。おぬしが、後顧の憂いを出来るだけ少なくせんが為に要る金なら、活き金になる。さすれば、外国から茶々を入れられても、安心して信じることができる、というものだ」…少し勘違いがあるのかも知れないが、老人の言うことは筋が通っているように思える

「分かりました。これからは、そう考えるようにします」で、この金はどうしよう
「そろそろ帰らねばならぬ頃合いだな。T堂、車の用意を。それから、この金は持って行ってくれ。無税の金は便利だが、気はつかってな」もう、もらうことは、決まってしまったようだ。まあ、いいか
「では、折角ですので頂いて帰ります」と、頭を下げてから、バッグを掴んで立ち上がる。まったく軽いのだが、札束入りの革製バッグならそこそこの重さになるはずなので、そこは演技力でカバーする
「その金は、わしからの寄付だから、気にせず使ってくれ」…、と補足するところをみると、気に留めておいてくれ、という意味なんだろうな

心底無口な若い男の運転する日産センチュリーで、新幹線の三島駅に送ってもらう。1時間ちょっとのドライブの間、頂いたバッグをチェックさせてもらう。もちろん、爆弾などは仕掛けられてはいなかったが、超小型のGPS発信機が付いている
外してしまおうかと思ったが、こうして大金を預かり、今後もなにかと気にかけてもらった方が良さそうなので(どのみち帰る先も分かっているだろうし、別にこのバッグの所在地など秘密にする必要もないし)、そのままにしておく
これからは、どこに出没するにも一般人らしいアシが欲しいのだから、この金の一部で車でも買おうか(以前持っていた車は、タウン誌の会社をたたんだ時に売り払って、それ以来マイカーはない)。そう考えると、なんだかわくわくするが、金のことを妻にはどう説明したらよいものか…
posted by ミスターK at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説

2018年08月04日

熟年超人の日 stage3 53

「お待たせいたしました」N絵が細身の小ぶりな脇差をうやうやしく老人に差し出した。老人はそれを受け取ると、すらりと刀身を抜き放ち、刃紋に目をやると、頷いて再び鞘に収める
「では、手合わせを願おうかの。わしも最近は力が弱ってなぁ、この軽い奴で居合い抜きの真似事くらいしかできんのだよ。悪いが、これでやらせてもらうよ」と、こいつはどう見ても真剣だ
「本物の刀ですよね、それは」ホント、私が超人でなかったら、びびってしまって大変ですよ
「ああ、そうだよ。構わんだろう、こいつで」老人の嬉しそうな顔を見るのは初めてだ

では、と老人が腰に脇差を差し、すっと立ち上がる。少し前かがみだった姿勢が真直ぐに伸びる。それから部屋の真ん中にすすっと進み出ると、腰を少し落として軽く捻り半身に構える
私も部屋の中央に出て、老人が半身に構えたのと同時に、少し腰を落として身構える。別に、同構えてもほとんど同じかと思うのだが、こっちの方が本物っぽいし、老人の動きに対応し易そうだから
老人が真剣の居合いで挑んできたので、私としては老人が動きかかった瞬間に懐に飛び込んで、遺愛抜きをしようとする、その手を押さえて、勝負あったにするつもりだ
しかし、こうして見合ってみると、習練を積んでいるその道の達人の気迫というものはもの凄く、超人のスピードをもってしても、老人の手が動く瞬間に間合いを詰めて、刀の柄にかかった手元を、押さえることが出来るのか、不安になってくる

そこで、作戦を変えることにする。手の動きの前に、呼吸や脈拍に変化があるはず、と注意点を変更した
しかし、老人の呼吸も脈拍も穏やかで、変化の予兆が掴めない
そこで、B東氏に倣って気合をかけてみる
「ぃやあー!!!」超人になってから、大声を出してみたことがなかったが、我ながらとんでもなく大きい声が出た。護衛役の若い隊員がびくっと身震いして、思わず身構える。心拍数も上昇、呼吸も早くなる。それは、T堂氏もN絵さんもやや抑え気味とはいえ、緊張感が増しているのが分かる
ただ老人は、それでもなんの変化もなく、そこに立っているだけ…と、見えた瞬間、呼吸がぐっとつまった
その瞬間、迷いなく老人の腹の辺り目がけて、超人力全開で接近する
そんなに早く動いたことがなかったので、どうやってその動きを止めて、老人の手を押さえるのか、考えは付いていかなかった

ただ、老人の体の動きにゆらぐ空気を感じるのと、老人の捻られた腰が更に深く捻られて、押さえようとした老人の手が、私の手から逃げるようにしながら、素早く刀の柄を握り、裂ぱくの気合と共に、白い刀身を引き抜くところが見えた
そこからは私のスピードが勝り、手ではなく右肘を私の手が押さえる形で、勝負が着いた
老人は刀を抜きかけの状態で動きが止まり、私は抑えた右肘から手を離すタイミングを計りかねていた
しばし、と言っても2秒間ほどして、老人の力が抜け、私も離した手を攻守どちらでも対応できそうな形に戻せた(この緊迫感からすると、次の攻撃があることも考えられると判断)

「はっ、いや、素早いなぁおぬしは。わしが、もう少し若かったら、もうちょっと先まで見せられたものを」と、老人が笑いながら完全に刀身を鞘に収めた後、左手で腰から抜き出して寄って来たN絵に渡す
「いやぁ〜、どっきりしましたよ。すぱっと切られてしまうのかと思いました」思わず、本音の言葉が出てしまう
「なんのなんの、おぬしの手加減がなかったら、わしなんぞすっ飛ばされておったわ」楽しそうに笑う老人を、N絵とT堂氏が嬉しそうに見ている
posted by ミスターK at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説

2018年08月02日

熟年超人の日 stage3 52

「それで、おぬしはこれからどうしたいんだ」ズバッと来た
「昨夜もお話ししました通り、T電さんから頂いたお金で、家族の避難先を山の中にでも造ったら、グリーンマンに連絡して、F原発の廃炉に向けて放射能ゴミを片付けてもらいます」話しているうちに、根拠がぐらついているのが自分でも分かる
「その後は、どうする?また、どこかの企業か国の手助けをするか。その時の報酬はもらうのか、次はタダでやるのか、それともこの一回限りだとするか」真顔の老人の眼の奥に、何かがある
「それは…」そうだ、あそこを片付けて、その先の超人活動をどう続けたらいいんだ

「A国がかの守護神の来訪について、既に我が国政府に探り入れていることは、昨日話した通りだ。いずれは、おぬしのことを探り当て、接触を試みるだろう。その時、おぬしはどうする。金をもらって、今度はA国の頼みを聞くのか」
「い、いやぁ、お金をもらってやるっていうのは、どうも…」そこまでは考えていなかった
「だが、おぬしは口利き屋として、今回の仕事をあの宇宙人に頼むのだろう?宇宙人が、いつまでおぬしへの恩義を覚えていてくれるのかは知らぬが、おぬし自身は金で請け負ったことを、宇宙人に引き受けてもらう、そんな役目を背負いこんでしまったのだからな」う〜ん、その通りだ。ジュブブが心配していたのも、そこだったか

「グリーンマンは、私の願いなら、できることはなんでもしてくれると言っていました」
「そうか、ならばことはもっと厄介になるぞ。あの力だ、なんでもということは、世界の政治家にとっては“最悪”を意味しているからなあ」
「最悪、なんですか」正直、意味がわからない
「そうだ、政治家というのは、何だ。人々の、民衆の、国民の代表であらねばならないと言う連中だ。おぬしも知っての通り、なにやかにやのグループの利益誘引代表だ。それが、なんでもやってくれそうな宇宙人がこの世に居たら、どんな立場を採らねばならなくなるか、想像がつかんか」そうか、なんでもという言葉から、悪いことしか思いつけない人間もいるよなぁ

「ところでおぬし、歳は幾つだったかな」突然話題が飛んだ
「はあ、今年の春60才になりましたが」
「そうだったな、定年で広告会社を退職したんだったな。だが、若いなおぬしは。50にもいっておらんように見えるぞ。なにか、宇宙人から若返りの処方でもしてもらったのかな?」
「いや、そんなことはありませんが、そうですか、若く見えますか。そりゃありがとうございます」ここはとぼけておく
「しかし、あのB東をいとも簡単にあしらうことが出来、T堂の話ではS会の若頭も形なしだったとか、これはぜひ、わしも立ち会ってみたいものだな。どうです、わしの冥土の土産に」そう言う言葉を聞いたT堂氏が、N絵に視線をやると、すっと立ち上がったN絵は部屋を出て行く

「いやあ、なんだか変な方にお話しが行っているようですが、私にはその気はございませんので」と、ここは一応遠慮申し上げておくことにする。ただ、この道場然とした部屋の、上座に座っている老人を見るにつけ、いかにも江戸時代の剣術道場主らしい佇まいは、本気で私と一試合手合わせしないと、済まない空気になっているのが、武術素人の私にもわかるのだ
posted by ミスターK at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説

2018年08月01日

熟年超人の日 stage3 51

「まだ、彼のテレパシーはつながっているのかね」老人の語りかけが、とても穏やかな声音になっている
「ここから彼が飛び去る際、物体を衝突させて相手の体組織を破壊する攻撃方法は、原始的な文明レベルである、という想念が伝わって来た後、今はもう何も感じません」と伝える
「そうか、折角来てもらったのに、直接会えなんだな」心底残念、といった表情で嘆いている老人を見ると、なにやら騙しているようで気が引けてくる
「でも銃で撃ったことについては、なにも気にしていなかったようですよ」などと、言わずもがなのことを口にしてしまった

そうしているところに、T堂氏の携帯が鳴る
「はい、そうだ、…そうか、…そうなのか、分かった。私から報告する」と、例によって小声で、てきぱきと応答して、携帯をオフにする(…が、私の超人耳にはちゃんと聞こえている)
「はい、そうだ(T堂だ、発射した弾丸の幾つかが、庭で見つかったと)そうか、(現時点で2発回収できた7.62o弾丸の弾頭には、なんの傷も付いていなかったと)そうなのか、分かった。(その件については)私から報告する」てな具合にちゃんと聴こえている
携帯を胸ポケットに収めたT堂氏が、今度は老人の耳元に今の報告内容を囁く。ほぼ先ほどの携帯でのやり取りを繰り返したものだったが、最後に補足として、あの距離ならば外すはずがない銃弾が、無傷で落ちていたということは、怪人には弾丸をそらす能力があるものと思われると言って、報告を締めくくった

「おぬしは、あのグリーンマンとやらが、銃弾をそらす力を持っていることは知っておったのかな」私の呼び方が、あんたからおぬしに変わったことに気付いたが、それがなにを意味しているのか分からなかったので、とりあえず「いいえ」と短く答えておく
「しかし、あのグリーンマンの力はすごいな。あれで、エフワンでは1万トンもあるメガフロートを持って宙を飛びまわったというじゃないか」老人の眼が輝いている。頬もなにやら紅潮して、興奮が見て取れる
「なんでも、この惑星の爆発力で殺傷物体を相手にぶつける攻撃方法は、文明レベルがまだまだ低い証拠だと、以前言ってましたから」老人の高揚感が伝染して、ついつい言わなくても良いようなことを言ってしまう

「そうかそうか。ええのう、そうかそうか。ならば、大砲でも爆弾でも平気のへい、だということか。そうかそうか」ますます上機嫌になる老人の脳裏になにが浮かんでいるのか、基本小市民でしかない私は不安になる
「ところで、あのグリーンマンは、いつまでこの地球にいられるのか、おぬしは聞いておるかな」突然の老人の質問に、慌てた私は思わず本音を吐露してしまう
「こちらの任期は、地球時間で50年はあるそうです」言ってしまって、老人の眼がぎらっと光るのを見て、私の心は言い得ぬ不安に襲われる
「T堂、やはりわしの読んだ通りだったな」と、傍らに立っているT堂氏に語りかける
「ははっ、御館様のご推察通りでありましたな」しゃちほこばって答えるT堂氏の態度に、私の中で警戒ベルが鳴る
「T堂さん、それはどんなお考えなんでしょうか?」どうも老人には話しかけにくい

「グリーンマンは、この日の本を救ってくれようと、天が遣わした守護神だということだ」T堂氏ではなく、老人が応える
「はあ?」思いがけない話の展開に、つい素の馬鹿げた声が出てしまう
「分からんか、そもそもおぬしが、かの天のお使いに出会ったのも、大いなる御心のなせる業であったということだ」なんで、話がそうなっていくのか…
「今や、この国は諸外国の権謀術策にはまって、己が国の未来のための施策も、自由になせない状態になっておるのは、おぬしにも薄々分かっておるのだろう」そうか、そう言えば、日本の原子力利用のエネルギー計画は、A国の原子力開発計画の一環に組み込まれていて、廃絶の自由はないんだと、ネットにあったのを見たことがある
「それを、うむを言わさず、超人の力技で克服させようと、日本の神様が遣わした、と」ついつい偉そうな相手に迎合してしまうのは、企画マンであった私の癖

「そうだ、おぬしにも見えているな」やはり大物に褒められると、悪い気はしない、…ってこれで良いのか!?
posted by ミスターK at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説

2018年07月17日

熟年超人の日 stage3 50

「そんなつもりは毛頭無い、と伝えてくれんか」今までずっと、神社のご神木のように静かな佇まいを見せていた老人の声音が、少しだけ人間味を帯びている
「分かりました」と答えて、再び瞑想ポーズをとって周囲偵察を試みる。その反応に空中待機しているGスーツの視野を重ねると、庭園内に散らばっている20人のうち、樹木の陰で長い銃器(ライフル?狙撃銃?)を構えている者が七人、指揮を執っている者が三人、撮影機材を扱っている者が八人、建物内に入ってPCを操作しているらしき者が二人いるのが分かる
「庭に配置されている者のうち、明らかな敵対行動を取っている者が七名いる、と伝えわってきました」と伝えると、老人の心拍数が上がる

「T堂、銃を下ろさせろ!」固い凛とした声が、老人からほとばしる
T堂氏が襟元のピンマイクに小声で命じる。私の超人耳には「銃を下ろせ!」と聞こえてはいるが
「ここに来たのだから目的は達しているから、立ち去ってもよいか、と伝えて来ました」と、私が伝える。どうもめんどうだが、このやり方しかないようにしてしまったのは、私だ
早朝にこの辺りを覆っていた霧は、もうすっかり晴れている。中庭の真上の空中で、軽く脚を開いて腰に両手をおく、スーパーマンポーズを取っているGスーツは、私が見てもなかなか格好いい
「ここに降りて来て、わしと話ができんか、そう訊いてくれ」老人が私にそうねだる。これが一番の難関なのだ。空スーツでは、降りて来て話をする訳にはいかない
「惑星住民と交流することは、彼、あ、私のことですが、のような緊急時接触以外、銀河規約で禁じられている、と伝えて来ました」苦しい言い訳だが、こんな言い方しか思いつかない

庭園に散開しているこの屋敷の護衛隊は、植え込みや樹木の陰に潜んでいたが、各班の隊長から射撃解除の命令を受けて、銃口を下に向けているが、眼は屋敷の中庭上空の緑色の怪人から放していなかった
屋敷の玄関口前の、楡の大木の陰に潜んでいる東の守り『青竜隊』のスナイパーS原は、その時急に吹いた一陣の風に、緑色の怪人がふわっと横にずれたように感じた
もう一度、視力2.0の目で宙に浮いている怪人を凝視すると、時折り吹く強い風に、ゆらゆらしているように見える
「班長、奴はもしかするとバルーンかも知れません。確認のため、発砲しても良いでしょうか」その報告を受けた青竜隊隊長のR崎は、同時通話で聞いているT堂にお伺いを立てる

T堂が老人の耳元に口を寄せて、なにごとか囁いている(が、私の超人耳には「部下が上空の怪人が風船ではないかと言っています。確かめるため、狙撃の許可を申し出ています」と聞こえている)
「Aさん、あの空飛ぶ超人が風船細工ではないかと、部下が申している。で、穴が開いて空気が漏れるか、跳ね返してしまうか、試してみてもよろしいかな」なんとドスの利いている物言いだ
「分かりました、今訊ねてみましょう」Gスーツなら中身があろうが無かろうが、銃弾などへっちゃらだろう
「やってみよ、と伝えて来ました。ただし、それが済んだらこの場を離れる、ということです」まっすぐ老人の眼を見て、そう返答した。一瞬、老人の眼に力が宿り、すぐ瞼が閉じられ
「では、T堂、やらせてもらいなさい」T堂氏は「はっ」と言って、頭を下げると襟元のピンマイクに向かって「射撃開始」と、抑えた声で指示を送る

私はと言えば、テレパシーを装いながら、メガネのテンプルを、トト、トトと二連打の連続打ちで、GスーツにK市のアパートへの帰投を指示して、この後のセリフを考える
バスッ、バスッ、バスッ、とサプレサーで抑えられた銃声が十数発聴こえ、じきに静かになる
「全弾命中すれど、怪人は腰に当てていた手を頭上に伸ばして、始めはゆっくり上昇して、その後もの凄いスピードで飛び去ったとのことです」常に落ち着いた物腰のT堂氏には似つかわしくない、やや慌てたかすれ声の報告に、少し前に部屋に到着して老人の両脇を固めている二人のSPも、部屋の入口に控えているN絵も、沈黙に浸されている
posted by ミスターK at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説