2019年02月12日

熟年超人の日 stage4 04

ジムの中にいる、全員の眼つきが変わった。それまでの少し私を下に見ていたような視線が、食い付くような肉食動物の目になっている
「スパーリングは、ジムの会員で、一定レベルに達していると認定されてからやれるんだ。だから、まず入会手続きをしてもらわないと…」無理に自らに言い聞かせるように、インストラクターのO木が声を絞り出す
「ですから、ここがその入会に見合っているのか、そこを確かめさせて…」言いかけている最中に、スパーリングをしていた二人の、背の高い方がリングの上から大声を出した
「O木イントラ、俺その人のお相手しますよ!そこのAさんっていう人、スパーリングするなら、最低限ルール知っててもらわんといかんけど、大丈夫なんだよねぇ、その辺りはー」

「ああ、大丈夫ですよ。キックボクシングのルールは詳しくは知らないけど、相手に殴らせずにこちらのパンチやキックを入れられればいいんですよね」随分偉そうな物言いになったけど、こうでもしないと初対面でスパーリングなんてさせてもらえないだろうと、せいぜい演技する
「いいのか、T沢、来週試合あるんだろ」そう言いながら、O木氏はT沢という選手を止める気はないようだ
「じゃあ、上がって」相手をしていたスパーリングパートナーをリングから下りるよう促しながら、私をリング上に招き入れる
「どうもすみません、お相手よろしく。この格好で大丈夫ですか」O木氏に確認する(手には、さっきはめてもらった12オンスの練習用グローブ、足元はキックボクシングなので裸足だ)

「ええ、いいと思いますよ。さっきのお宅のパンチが打てるなら問題ないよ」ということなので、私はリングに上がった
O木インストラクターが、レフリーを務めてくれるようで、練習スパー用のヘッドギアもくれたが、とっても汗臭くて、着ける気にならない
「これ要らないんで」と言って断ると、相手のT沢選手もヘッドギアを外して、リングの下にいる後輩らしき人物に放り投げた。一気に雰囲気が険悪になった
O木氏が試合の注意をいくつかすると、ゴングが鳴り、はいっと私とT沢選手を試合わせる

T沢選手は、オーソドックスにグローブで顔をガードしながら、前かがみに私に迫って来る
一方、私と言えば、格闘技マンガからヒントを得たノーガードスタイルで、リング中央に突っ立っている
シュッと右足が私の左足を狙って蹴り出され、ほとんど同時に左ジャブが私の顔面に3発繰り出される
なかなかのスピードと迫力だが、超人の私にはさほどのスピードには見えなかったが、その攻撃をどう捌くかが難しい
いっそここは、老人の屋敷でB東さんに対したときのように、その足と手を払いのけようか、とも思ったが、それではわざわざキックボクシングジムに来た甲斐がない。そんなこんなで、ちょっと迷いながらの応戦になってしまった
それが良くなかった。一撃必殺の空手系のB東とは違い、キックボクシングは手数足数が多くて、どんどんくるから避けるのに手一杯になってしまい、試合の流れをリードできない。一、二発もらってみるのもアリかとも思ったが、なんとなく踏ん切りがつかない。そんなことを考えながら捌いているうちに、流した左足キックの後から、くるりと廻った相手の裏拳が飛んできて、右側頭部に被弾した

そのとき私の超人力が全開になり、この打撃を受け止めるべきか、受け流すべきかを判断する余裕が生まれて、一般人が観戦している中で、普通なら吹っ飛ぶほどの打撃を平然と跳ね返すのは不自然なので、受け流す方を選択、裏拳がヒットする寸前に頭を逃がして、後ろに重心を移動、結果、私は裏拳で後ろに大きく跳ばされた形になった
その手応えの無さは、相手のT沢選手だけが分かるが、周りで見ている者たちには分からなかっただろう
とにかく、これは良い経験になった。一定のルールに則って闘うスポーツ格闘技に、まともに付き合うには、ちゃんとした練習をしておくべきだが、その必要はない(競技を極めたい訳ではないので)
そもそも今回のチャレンジも、P連合をつぶしにかかる際に、暴力系の連中と渡り合うのに、うっかり相手を死なせないような手加減を覚えるために、というのがテーマだったのだから

ということで、ちょうど2分のゴングが鳴ったのでコーナーで小休止、相手のT沢選手を観察すると、いわゆる攻め疲れ状態で、呼吸が荒く、心拍数も相当上がっている
特に聴力感度を上げなくても、コーチ役の後輩が「最後のバックハンドブローは効いてますよ」と言っているのも、それに対して「いや、スウェーされてる」と返事を返しているのも聴こえてしまう
昔、格闘技マンガを読んでいた頃、こうした道場破りみたいなものに憧れていたが、そもそも超人と、鍛えているとは言え普通の人間との闘いなんてフェアじゃない、そう思うともうここはさっさと終わらせてしまうのが得策だと思った
次のラウンドが始まってすぐ、今度はこちらからささっと動いて、相手の顎先を狙って(ここに衝撃を加えると、脳が激しく振動して脳震盪を起こす、とマンガにあった)素早く右フックを放つと、的確にヒットし、相手は一瞬なにがあったんだ、と目を剥いてそのまますとんと後ろに倒れてしまった

その後、インストラクターのO木氏が懇願するのを何度もお断りして、ジムを後にした私は、真正面から真剣に闘おうとしていたT沢選手に申し訳なく、かなり気持ちが落ち込んでいた
posted by ミスターK at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説

2019年02月08日

熟年超人の日 stage4 03

そうそう、こんな雰囲気だよな格闘マンガの出だしは…などと思い出し、ふっと口元が緩んだ
それが火を点けたのか、先輩格の男が私をじっくり眺めると「じゃぁ試したろか」と言う
若い方の男が先輩を見て「用意しますか」と答えた。リングの二人もサンドバッグとパンチングボールもこちらを興味津々で見ている
「お宅、なにか格闘技やってるの?」
「まあ、グレーシー柔術を少々」以前見た格闘技マンガの知識から答える
「ほぉ、そりゃ素人じゃないってことだ」眼つきが少し険しくなるが、私の外観からの印象がまだ作用している

「リングの上の方と、スパーリングできるんですか」すっとぼけてみる
「いやいや、そんなこと急には出来ないよ。まあ、やってみたいんなら、あそこのサンドバッグを叩くか蹴るかしてみてくれや」大分態度が横柄だが、怒らせたのがこっちだから文句は言えない
「じゃあ、この格好でいいんでしょうか」ちなみにその日の私は、秋らしさが増したその日の季節感を反映して、ダークグリーンのコーヂュロイパンツに、イエローオーカーの薄手のセーター、こげ茶のツイードジャケット(実のところ気温は全然気にならないので、服なんてどうでも良いのだが、大都会のN市に合せてちょっとお洒落したのだ)といういでたち
そして手にしたダッフルバッグに、着慣れた紺のジャージの上下が入っている

「その格好で?」先輩のあきれたような顔
「いやいや、持ってますよ、ほら、これに着替えますから」
「なら、さっさと着替えて。それと、これでお宅のレベルに納得いったら入会手続きの説明があるから」おいおい、まだ入会するなんて言ってないんだが、まあいいか、とその時の私は自分の超人力の調節を、どう乗りこなすかに気がいっていた
若い方がロッカールームを教えてくれたので、そこでジャージに着替え、皆のいるトレーニングルームに戻る
「自分は、インストラクターのO木です。お宅さんは?」客になるかも、と気付いたのかやや丁寧な応対になった
「Aです。Aと申します」簡潔に答える

「じゃあ、そっちのぶら下がってるサンドバッグを、Aさんが思うように叩くか蹴るかしてみて」そう言うと、若い方が持って来たクリップボードに鉛筆でなにやら書き込む
サンドバッグは、天井のレールから5本、太い鎖で吊り下げられていて、黒い表皮は革なのかビニールなのか、とにかくずっしりぶら下がっている
一応、後で古武道をやっていた、という種明かしをしたいので、サンドバッグを前にして、ちょっと腰を落とした格好で、それらしく構えてみる
それを見ても、インストラクターのO木氏は特に関心を示さず、じっと見ている(格闘技好きの中年のおっさんに見えているのだろう)

すっと息を吸って詰め、腰をきれいに回しながら右足で、かなり思い切り(超人力60%解放で)サンドバッグを蹴った。バシッと破裂音が響いて、サンドバッグが大きく揺れた
見ていたジムの全員が息を飲んだのが判った
続いて、左足で同じようにサンドバッグを蹴ると、前の衝撃と揺れるタイミングが合って、さらに振幅が増す
「ちょっ、…すみません、貴方、経験者ですね。キックじゃないと思うけど」思いがけないものを見て、O木氏が思わず、といった風で弾んだ声を出した
「古武道を少々学びました」そう、こういう応答を、してみたかったのだ
「今度は、リズミカルにやってもらえますか」古武道、には、さして関心を示さず、O木氏が真顔で言う

「フットワークをからめて、ということですね」こちらも一応調べてはきたので、そう答えてステップを踏みながら、サンドバッグに立ち向かう
動きながらとなると、ちゃんと練習してないのが分かってしまいそうなので、スピードも超人力開放度60%くらいで動きながら(残念ながらリズミカルにはできないが)、シュパッ、シュパッという感じで、左右のキックをサンドバッグに浴びせる
ピシッピシッという音が響いて、サンドバッグの表皮が弾けるように打撃が加えられているのが、その場にいた者の目にも見える。そして、動いている私のスピードが並大抵のものでないのが、誰にも判ったようだ

「すごいなぁ、お宅さん。こりゃ、こっちのレベルが知りたい、って言うの分かるわぁ」O木氏が心底驚いたという表情で声を出した
「スパーリングって、今やれるんですか?」誘いをかけてみる
posted by ミスターK at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説

2019年02月05日

熟年超人の日 stage4 02

私の心の中の若返っている部分が、それを聞いて敏感に反応する
この国で、やっつけても問題が無さそうなのは(や)関係だろう。まして、外国人のギャング組織なら、後でどうだこうだと言う連中なんてのは、ほぼ皆無だろう
ちょっと世間様を気にし過ぎな超人だなと思うが、ま、仕方ないだろ。なんってったって、妻子がいる間は、いろいろ気にかけてやらなくっちゃぁいけない
任期は100年だとか言っていたから、妻があの世に逝ったらどこかに姿を隠して、息子と娘が亡くなったら、もっと遠くに行って、本当になにかあったとき以外は、全く自由に活動できるだろう。そう50年くらいかな
(そう考えを進めていると、不意に寂寞感が私を包み込む)

それでも、ジュブブに心配(?)されるほど仕事をしていない私は、K刑事からP連合について情報を聞き出した(Kは「俺の仕事をあんまり増やさないでくれよ」と言いながら、N市の隣りの市にある彼らのヤサを教えてくれた)。察するに、KとしてはP連合にS会事務所と同じ運命を辿らしたい、と思っているようだ
それで、P連合のアジトを片付けに行く気になったのだが、私としては影スーツや、素の私で暴れる際には、もう少し格闘技を習っておくべきではないか、と考えた
かの老人邸で、武術を極めた者が超人に対しても侮れない力量を示したことが、心に引っかかっていたからだ
それに、相手が素人だったり、血気盛んな乱暴者だったりしたときこそ、格闘技の技が活きるのではないかと考えていたからだ

早速PCの蓋を開けて『N市 格闘技ジム』でググってみる
いろいろあるが、ここは“総合格闘技”を謳っている道場と決めた。なんだかわくわくしてくる自分がいる
ところが、行ってみるとブラジリアン柔術という関節技主体(キックボクシングもあったが)の健康的なジムで、格闘技マンガに出てくる凄味のある門下生や師範と言うより、あくまで明るい接客だったので、道場破りなんて出来ないとあきらめた
続いてもうひとつの候補[SDキックボクシングジム]を訪ねると、こちらはビシビシいけそうな雰囲気で、若くて強そうな(以前だったら目を合わせたくないような)のが5〜6人、激しく体を動かしている

そこで、普通に「ごめんください」と声を掛けたのだが、ちらっと私を見て、なんだ中年(最近は40代くらいに見えるようだ)のおっさんか、といった感じで、木で鼻をくくったような返事が返ってきた
「今、コーチ居ないし、ウチはエクササイズ系じゃないから」
「すみません、入門するかどうか、この事務のレベルを知りたくて伺ったんで…」ちょっと刺激してみる(新規訪問の会社でよく使った手だ)
「はぁ?なに言ってるの。お宅さん、言ってる意味分かって言ってるの」俄然ピリピリムードが、その若い男から発散され始めた

「いや、だからこちらさんのレベルがどれくらいか、試させてもらってですね…」
「あんたぁ、いくら格闘技マニアさんかも知らんけど、そんな口きいてると、思いっきし痛い目みるよぉ」随分怒り易い奴だ
「あなたは、こういった場合、レベル見せてくれられるレベルなの?」すっとぼけて、もっと煽ってみる
「おいおい、なに揉めてんだよ」目の前の若いのより年上(30手前?)の男が、こちらに歩み寄ってくる。リングの上でスパーリングしていた二人も、動きを止めてこちらを見ているし、サンドバッグを蹴っていたのと、パンチングボールらしきものを、叩いていたのも手を止めている

posted by ミスターK at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説

2019年01月27日

熟年超人の日 stage4 01

あの時から、7ヶ月が経っていた
巷のクリスマス音楽に促されるように、私も妻の巧妙な根回しと息子夫婦のお誘いで、Y市にある息子のマンションでイブの夜を祝っている
ほんの2日前には日本海側の地方都市で、大規模な昼間火災事件があって、私もK市のアパートからGスーツ装着で飛んで行ったのだが、街の上空には何機も報道ヘリや消防ヘリが飛んでいるし、そもそも火事になっている場所では、消防関係者が果敢に火災と闘っていて、どこをどう手伝えば良いのか戸惑うばかりだった
そして私は未だに、衆人環視の中で超人として活躍することに、躊躇するものを覚えていた

その大火災の前にも、二度ばかりGスーツ向きの出動のチャンスがあるにはあったのだが。一度目は、近県で開催されたG7会議に出席している、各国指導者を狙ったテロに備えて、会場近くでスタンバイしてはみたが、別に何も起こりはしなかった(まあ、広範に展開される警備体制の実態を観察できたことは、今後の役に立つかも、くらいの微小な成果はあった)
二度目は8月に日本に接近して来た台風に備えて、あらかじめ予想コースを先回りしてみたときで、強大な自然の猛威の中に身を置いていては、いかな超人と言えども、至る処で同時に発生している種々の破壊状況を、ただ傍観するのみでしかなかった
結局こういった自然災害には、私の超人力では対処できないと悟った(仮に、なんでもありだとしても、超人力が発揮できるところに居合せようがないではないか)

それでも、なにか超人として人助けをしなければならないと、影スーツで夜のパトロールなど始めてみたのだが、そうそう事件にぶつかるものではない
かと言って、以前知り合ったマスコミ関係者のDという男も、あれからなんの連絡もない
そうなると、なにかこちらからアクションを起こさねばと、人の心理としてはそうなってしまう
それで思い出したのがあのぼったくりバーのことだ
あの店は、どうなっているのだろうと、素の私が思いついた

夏の頃は昼間、普通人のAとして不動産屋が送って来る中古別荘情報を元に、現地まで車(購入したばかりのスバルの中古車)で出かけて、別荘周りの環境(なるべく周囲に人が住んでいないこと)や、シェルター設置の改造に適した物件かどうかを、チェックするのに意外に時間がかかり(超人なので疲労はしないものの)、精神的な切迫感をひしひしと感じていた
いっそ国外の紛争地にでも出かければ、超人的らしい働きも出来ようが、そこから波及していくであろうトラブルの連鎖に、自分が耐えられるか(仮に、一般市民を独裁者や暴力組織から救ったとしても、それでことは済まないことは、これまでの経験で熟知している)、常識人としては気が重い

それから、週3のペースでN市の飲み屋街に出向いたが、酔っ払いの喧嘩を2〜3回収めたくらいで、そうそう(や)にも出くわさず、まして凶悪事件にも遭遇しないまま、夜の街にもいつしか秋風が吹き始める
それでも、K市から50q程度の山間地に、格好の別荘が見つかったので、斡旋してくれた不動産屋の紹介してくれた地元の建設業者と、シェルタールーム設置の交渉に入ってはいた

そんな頃、久しぶりに県警のK刑事から電話があって、S会の上部組織のT組の対抗勢力のP連合(パシフィック連合=中国+東南アジアギャングの連合マフィア)が、私を探しているらしいと告げて来た
posted by ミスターK at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説

2019年01月07日

熟年超人の日 stage3 65

老人の屋敷から帰って2週間ほど経った
私はまだアパートに居たが、大家には夏が終わる頃に引っ越そうと思っていると根回しをしていたし、不動産屋に頼んで、今住んでいるK市の北の、山間地にある中古の別荘を何軒かリストアップしてもらっていた
妻には、T電から一部振込みがあったから、家を探していると言ってある(本当は老人からもらった金だが、通帳に振り込まれた額に、妻は上機嫌になり貴方の好きなように考えて、と言っていた)

また、T電のH本部長から昨日連絡があって、取り敢えず1億の半分は用意できたので、会社の口座に来週にでも振り込むことになっていると伝えてきた(老人の援護射撃があったからかも知れないが…)
様々な懸案が、やっと良い方向に向かい始めている感触に、私は少々楽観的になり過ぎていたらしい
その夜、久しぶりにジュブブの睡眠通信があった
前回の通信は、なんとなく私の行動に釘を刺していたような印象だったので、私としてはもしやご機嫌を損ねたのかと、ずっと心に屈託したものが澱のように沈んでいた

『第13星系区管理官のジュブブワールノ2209である』お馴染みのご挨拶とともに夢に現れた姿(夢が覚めた後には決して思い出せない姿)は、いつもの通りに感じられる
*お久しぶりです、ジュブブさん
『今回の通信は、この惑星における君の現在までの行動が、承認されたことの連絡である。すなわち、現在進行しているこの惑星固有の地域主義を受け入れつつ、超人活動を行おうという君の主張が承認されたということだ。ただし、君は当初我々が予定していた、この惑星における超人活動を極一部のみ履行すれば良いという訳ではない』
*ということは、F原発以外の事案にも積極的に関与せよ、ということでしょうか?
『その際忘れてはいけないことは、この惑星の特定勢力との連携活動は禁止されているということだ。当然、特定の人種、宗教、政治的配慮は、極力回避すべき活動と判断される』判断、とは誰が判断するのだ

*おっしゃっていることは、漠然とは理解している積りですが…、そもそもジュブブさん以外のどなたかが、私が超人になったことを把握しているということですか?
『それは当然である。官が名乗っている官職名からも、この件が当該宇宙を管轄している組織の一員であることが用意に推察できるはずである』…やっぱり
*では、承認して下さったのはジュブブさんの上位者ということでしょうか
『君の言う上位者という概念は我々の組織にはない。例えば官のみが、この太陽系を含む100光年ほどの球状域を観察していて、なおかつ現時点で活動している超人は2体で、候補体が8体であり、その管理観察記録は、官のみの職務になっている』
*その宇宙を管轄している組織って、どのくらいの規模なんですか?

『君が理解できるレベルでは数千体だが、この惑星の支配種族のカウントの方法なら数百億と認識してよい。それは、この惑星の生命体のように、分裂―結合-分裂型と異なり、宇宙文明種族の大多数が、融合―分裂―融合型か、純融合積層型であるところからきていると理解せよ』私のSF的思考が、かろうじてジュブブの意識を理解する
*ということは、私たちが珍しいタイプなので、観察してみようか的なことなんでしょうか
『その理解は、56.7%の問題把握力を示している。さらに付け加えるのなら、君がその理解力を持つことを、我々が認識したことが、今回の決定に繋がったと示しておこう』その意識を最後に、ジュブブの睡眠通信は消えた

なにやらお墨付きのようなものが与えられた気がするが、要は、このまま様子見だけしていれば良いのではなく、もっと超人らしい表立った働きもしなさい、それができなきゃライセンス返上になるよ、と伝えていたんだろうと、このところとみに柔軟度を増した私の頭脳が、そう解釈した
と言っても、普通に超人活動をするとなると、あの会社やらあの組織やら、あの国やらに対して、曲がりなりにも取り繕ってきた、私が有料受付の唯一の代理人である、という設定に齟齬をきたす恐れがある
なにせ、普通にスーパーマンが人助けするなら、無料活動に決まっているではないか
有料と無料の違いを設定してなければ、今後の超人活動によっては、一般人である私が世間の評価の対象にされるだろうし、場合によっては家族や親類縁者にまで、累が及ぶかもしれない
そう考え始めると、一気に私のテンションは下がってしまう
posted by ミスターK at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説

2018年12月20日

熟年超人の日 stage3 64

I倉さんが店主と話をしている間、私は日本人同士の会話に入れず、店主が出してくれたYAKITORIを食べていたが、これがなかなか旨い。酔わないようにビールをちびちび飲っていると、I倉が話しかけてきた
『ここのマスターは、夜露のやり方が嫌いで、いつか警察に挙げられればいいのに、と思っていたらしいから、1軒おいた隣りの夜露で、物が壊れる音やら(や)のチンピラの喚き声が聞こえたとき、様子次第で警察にタレ込もうと耳を澄ませてたらしいんだ。じきに店の騒ぎは収まったみたいで、なぁんだと思っていたら、ドアが開いた音がしたんで、どんな奴が出て来たんだと思って、店の戸をちょっと開けて覗いてみたら、背格好は全く普通のおっさん(日本では中年以上の、ぱっとしない男性をこう呼ぶ)が出て来たそうだ』
『そこにYAKUZAの援軍到着で、その男は闘ったんだな』

『いいや、そうではない。その男は薄暗い路地に逃げ込んで、代わりに全身黒タイツの男が現れて、(や)達と闘い始めたそうだ。ここのマスターが言うには、喧嘩は割とよく見てるが、あんなに手際よく一方的に相手をやっつけるのは、初めてだそうだ』ワンサイドゲームか。それにしても、ある程度は喧嘩慣れしているはずのYAKUZA相手に、その手の訓練をした俺でも素手では、ちょっと難しいぞ、と思った
『日本には、そうした忍者がまだいるのか?』真顔で私が訊くと、I倉はいいや、という風に首を横に振った
『我々がよく知っている忍者は、もういません。しかし、どこかに隠れ住みながら、シュギョーしている者がいたとしても、おかしくはありません。この国には長い歴史がありますから』歴史ある国だということを、ことさら強調しているのはなぜだ

『そんなことはどうでもよい。それよりそのキーパーソンは、今どこに居るのか、君は知っているのか』肝心の質問の矢を放った
『K市に住んでいるらしいのですが、場所までは把握していません。ただ、県警内に親しくしている刑事がいるとか。県警でも夜露の件で、その人物を呼んだらしいのですが、上の方から指示があって、今では野放し状態らしいです』県警に親しい刑事がいるという重要情報が手に入った
『その刑事さんの名前とか、分かっているのですか?』単刀直入に訊ねてみる
『どうも、私に話をしてくれた人の部下のようですが、教えてはもらえませんでした。ところで、あなたは今回の事件を誌面でどう扱う積りなのですか』逆に質問された

『それについては、社の方針もあるので私の一存では答えられない。ただ、いろいろ親切に情報提供して頂いたので、私の個人的見解を明かすなら、どうやら日本人のある人物が、スーパーマンと忍者のコネクションを持っていて、そのことを把握している日本政府が、なにごとかを画策して、隠ぺいしているように思う』話しているうちに、それは確信に変わったが、そのことをそのまま本国に報告すれば、どのような事態に発展するかも知れないので、確証を得るまで、私の中に伏せておくべきだと、目の前の生真面目な日本人を見ながら、そう心の中で思った
『やはり、あなたは雑誌記者ではなく、A国の調査員なのですね。私も、同じような懸念に基づいて取材をしているので、本当の政府の狙いと、その日本のキーマンについてのより詳しい情報を集めますので、お国への報告は、今しばらくお待ち頂けないでしょうか。これは、お国のあの機関の庁舎の近くで学んだことのある、私のお願いです』なんと、このローカルペーパーの記者の見立ては、ほぼ正鵠を得ている。私は改めて、I倉という男の顔をまじまじと見た

『なるほど、あなたが言うように、もう少し詳しく調べたいのだが、あいにく私は、そろそろ帰国しないといけないことになっている。もし、あなたが私を信頼できるなら(…そして私もこの男を信頼するなら)、この件は今後お互いに連絡を取り合う、ということにしたらどうだろう』そう言って、私は右手を差し出した
彼は、その私の手を握り締めると『もちろんです!』と、きっぱり言ったのだ
posted by ミスターK at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | SF小説